車を手放す時ってどんな時?

買取店のリサーチ・査定前のひと手間

まずは、どこのお店に買い取ってもらうのがいいかを決めましょう。
初めて売るという人は、多くの人が名前を知っている買取店にしておいた方が無難でしょう。
大手の方がサービスが充実しています。
口コミなども参考にして決めるとよいですね。
次に、査定前にひと手間加えることが大切です。
絶対にやっておいた方がいいのは車の中をきれいにしておくこと。
ごみがそのままにされていたり、車内についた臭いをそのままにしておくとよくないですね。
買取価格に影響する部分なので要注意です。
買い取る側としては、その車が売れるまでのコストも計算しているのでその部分が安くすむなら買取価格は高くなりますよね。
どうしたら高く買い取ってもらえるかについては、また別のページで解説します。

希望価格を伝える・必要な書類

次に、査定の段階に入ります。
この時、希望価格を買取販売店の人に伝えておくのもありです。
車は手放すタイミングによって価格が変わってくるので、先に希望する価格を伝えておくと、その金額で買い取れるように引き渡しのタイミングの条件を考えてくれます。
最後に、必要な書類をそろえ、手続きをします。
車を売る時に必要な書類は、「自動車検査証」、「自賠責保険証明書」、「リサイクル券」、「印鑑登録証明書」、「自動車納税証明書」です。
自動車検査証については、記載されているのが現在の氏名、住所であるか確認してください。
また、リサイクル券については預託済みのものを用意しましょう。
そして、印鑑登録証明書については発行後1か月以内のものを2通用意しましょう。
最後に、自動車納税証明書は有効期限を確認し忘れないようにしましょう。